医療事務の資格が魅力なワケ

医療事務の資格が魅力なワケへようこそ

医療事務の資格でお仕事。今、資格が人気です。

医療事務の資格が魅力なワケは、 医療事務を目指す方を応援します。 病院に関わるお仕事と言えば、医師や看護婦、薬剤師などの専門職を想像される方も多いと思いますが、 彼ら専門職だけでは病院経営はできません。一企業として事務スタッフが必要で、 その優秀さで病院経営が左右されると言っても過言ではありません。 医療事務 員は、訪れる患者さん(お客様)を第一に考え、医療の専門知識を幅広く持ち 合理的な運営をしながら、効率的な医療活動を行い病院経営を成り立たせる役目を担っています。 ところが今やその病院の数は飽和しており、一般企業と同様な競争の時代に入りつつあります。 優秀な医療事務 員に対する期待が高まるのは必然でしょう。資格の取得を目指す方が増えています。 本サイトが本気で医療事務の資格を目指すあなたの少しでも助けになれば幸いです。

医療事務の資格が魅力 コンテンツ

医療事務早分かり講座
医療事務の資格。今、資格の取得が人気です。 もともとは「レセプト」といって医療機関での診療報酬の請求事務のことを言っていました。でも、それ以外にも5つの業務が含まれているのです。それは、診療受付や、診察券発行、カルテの作成や搬送、会計などの一連の業務を指す「外来患者サービス業務」、入院受付の手続きや入院予約患者への連絡、会計や退院の手続きといった、、 >>中身を見る
理想の医療事務職に就くには
医療事務の資格。今、資格の取得が人気です。 一般企業とは違って、医療機関が新卒の定期採用を行う場合に医療事務員の募集に大きな宣伝を一般紙にかけることは少ないようです。どちらかと言うと、知り合いの紹介やコネがまだ生き残っている業界です。行動力のある方は、自分が興味のある病院に直接アプローチしています。電話で求人が無いか確認してみる、話を聞きに、、 >>中身を見る
医療事務の就職活動は
医療事務の資格。今、資格の取得が人気です。 希望条件は、ひとそれぞれ。給与の高さを最優先に考える人もいれば、残業の有無や休日を重視したい人、待遇面を気にする人、職場の雰囲気や就職先の経営理念も大きな意味を持つ事項もあります。自分の希望は何なのか、どんな方法で就職先を探すにしても、明確にしておく必要がある、、 >>中身を見る
医療事務のIT化
医療事務の資格。今、資格の取得が人気です。 今やどんな企業はどんな仕事においてもパソコンを使うということは当たり前になりつつありますが、医療現場も例外ではありません。 2001年に厚生労働省が「保健医療分野の情報化にむけてのグランドデザイン」を発表し、それに後押しされるかたちで「電子カルテ」というものが急増しています。これまではカルテといえば紙に記入されるもので、患者さんの病状や診療内容、検査結果や処方された薬の内容など記載する、、 >>中身を見る
現役医療事務員の声
医療事務の資格。今、資格の取得が人気です。 医療事務ですから、事務職においては 専門知識を必要とする仕事を任されますので、責任感が求められますね。 自分を磨けば、主任→係長→課長と出世できますし、 医師や薬剤師、専門技師たちの輪に入って 同じ土俵で仕事ができるんですから凄い事ですよね。 当然、仕事は忙しいですが医療の世界は制度なんかがころ、、 >>中身を見る
医療事務Q&A
医療事務の資格。今、資格の取得が人気です。 人と接することが好きで、コミュニケーション能力が高い人であれば、医療事務の仕事にむいていると言えるのではないでしょうか?医療機関に限定して言えば、相手の心の痛みがわかる人、自分の感情をコントロールできる人、明るく活動的な人、礼儀正しい人、も挙げられますが、これはどんな仕事でも言えることですよね。ですから一番大切なことは、何がなんでも医療事務の仕事に、、 >>中身を見る
医療事務の資格リスト(公的資格)
「診療報酬請求事務能力認定試験」と「医療事務技能審査認定試験」の2つが医療事務関連の厚生労働省認定の公的資格です。 前者は、診療報酬請求事務すなわちレセプト業務についての能力を問うもの、後者はレセプト業務のほかにも、接遇(患者に対する対応など)や院内コミュニケーションなどの技能の問われる、、 >>中身を見る
医療事務の資格リスト(民間資格)
民間資格と言っても、公的資格と同じくらい認知度知名度の高いものもあります。病院によっては特定の民間資格を指標としている場合もあるほどです。ですから、公的資格か、民間資格かの違いだけで判断してしまうことのないようにしましょうね。 >>中身を見る
医療事務の待遇(正社員編)
医療事務の資格。今、資格の取得が人気です。 一般企業における大企業、中小企業のように、医療機関にも大小の規模があり、その雇用形態によって給与水準が違います。ですから一概には言えませんが、医療事務の正社員の給与水準は、一般事務職程度と考えてよいでしょう。経験年数が反映されるのと、地域による多少の格差があるため月給10万~40万とハローワーク、、 >>中身を見る
医療事務の待遇(派遣社員編)
医療事務の資格。今、資格の取得が人気です。 医療事務業界において、その委託率はとても高く、1991年の23.1%から2000年には39.0%へと飛躍的にのびています。まだまだ発展途上ではありますが、今後もさらにのびていくでしょう。特に、歯科医院には派遣社員の求人がかなりの件数ありますし、規模の大きい総合病院においても多数あります。反対に調剤薬局では少ない傾向があります。その給与体系は時給、、 >>中身を見る
医療事務の待遇(パート編)
医療事務の資格。今、資格の取得が人気です。 医療機関においてパートのニーズは高くなりつつあるのです。特に小規模診療所や、歯科医院では午前と午後の診療の間に時間が1時間以上空く場合も多く、短時間勤務のパートは重用されています。専門性を求められる医療事務の仕事であっても、時給は地域の一般的事務と同じ程度で相場は800円と、派遣等に比べて若干、、 >>中身を見る
医療事務の職場(大病院編)
医療事務の資格。今、資格の取得が人気です。 初診患者の訪れる「初診受付」と再来患者専用の「再来受付」(最近では機械受付の場合もあり)、これらは病院全体のイメージに即つながるポジションであるため、患者さんに対する笑顔や丁寧な対応が要求されます。最も混雑する場所が「会計窓口」です。医療費清算のために、、 >>中身を見る
医療事務の職場(歯科医院編)
医療事務の資格 診療科目が「歯科」に限定されるのが歯科医院です。勤務医として継続的に病院などに所属することは少なく、一定の期間を経て個人病院の跡を継いだり、開業するといったパターンが多いのが歯科医師の特徴です。正式には歯科診療所といいますが、近年では、、 >>中身を見る
医療事務の職場(診療所編)
医療事務の資格 「診療所」と定義されるのは、病床数が19以下のところです。入院設備はあるところも無いところもあります。近年医療環境の激変で淘汰され減少傾向にある「病院」とは逆に、数年にわたって毎年1000施設前後の「診療所」が親切されています。我が国の医療、、、 >>中身を見る
医療事務の職場(調剤薬局編)
医療事務の資格 これまで診察をしてもらった医療機関で薬を処方してもらう「院内処方」という形式が一般的だったのですが、厚生労働省の推進によって現在では患者が病院や診療所発行の処方箋を調剤薬局に持参して、そこで調剤をしてもらうという「院外処方」定着しつつあります、、 >>中身を見る