理想の医療事務職に就くには

理想の医療事務職に就くには

医療事務の魅力を徹底解剖します

スポンサードリンク

なぜ医療事務職に就きたいのか明確にする


積極的なアプローチ


専門学校を活用する


希望の就職先を決める


一般教養を磨く


医療機関の人事採用担当者が求めている人材は


なぜ医療事務職に就きたいのか明確にする

医療事務の資格 目的があって初めてやる気が出てくるものですよね。 なぜ医療事務を目指そうと思ったのか? どこに魅力を感じたの? 1年後に自分はどうなっていたいですか? ぜひ紙に書き出してみましょう。 明確化された目標を意識できたなら、それはきっと達成されるはずです。

▲このページTOPへ戻る



積極的なアプローチ

医療事務の資格 一般企業とは違って、医療機関が新卒の定期採用を行う場合に 医療事務員の募集に大きな宣伝を一般紙にかけることは少ないようです。 どちらかと言うと、知り合いの紹介やコネがまだ生き残っている業界です。 行動力のある方は、自分が興味のある病院に直接アプローチしています。 電話で求人が無いか確認してみる、話を聞きに出向いて自分を売り込むなど。 自分が希望する仕事に就くには、医療事務職に限らず いろんなところにアンテナを張っておく必要がありますね。

▲このページTOPへ戻る



専門学校を活用する

医療事務の資格 医療事務の専門学校に在籍するのも良い方法です。 専門学校と医療機関は太いパイプで結ばれていて、 一般には求人広告を出さず、専門学校には数多くの募集を かける場合が多いからです。 ごく普通に医療事務を目指す方にとっては、 専門知識の学習自体よりも、実際の就職活動に対するメリット の方が大きいかもしれませんね。 ですから学校選びには、就職状況のチェックは欠かせません。

▲このページTOPへ戻る



希望の就職先を決める

医療事務の資格 自分が医療事務職で働いている姿をイメージできていますか? 医療事務を目指す目的が明確であれば、どんな職場を望んでいるのか、 どの医療機関で働きたいのか、希望する候補を書き出してみましょう。 就職先の狙いが定まれば、具体的な行動がとれますから。

▲このページTOPへ戻る



一般教養を磨く

医療事務の資格 医療機関が医療事務職の新卒定期採用を行う場合には、 受験生に何を求めていると思いますか? 専門学科試験の成績もたしかに大切ですが、むしろ一般教養科目 を重要視しています。 変に偏った人材よりは、白紙で柔軟性のある人のほうが、 病院側としても扱いやすく、将来性が期待できるからです。 実は、一般企業の人事担当者も一般事務職の採用に対して 同じように考えています。 ですから第一印象は大切です。 表情や態度、言葉づかいなど、人柄や性格をチェックします。 窓口や受付業務を希望するのであれば、8割方面接で 合否が決まると言えるでしょう。

▲このページTOPへ戻る



医療機関の人事採用担当者が求めている人材は

医療事務の資格
・患者さんの立場になり、相手の心の痛みが分かる優しさを持っている
・自分の生き方、考え方を持って物事を判断できる
・壁にぶち当たっても、自力で乗り越える努力を惜しまない
・自分の感情をコントロールできる
・明るく活発で、健康である。
・人見知りしないで、人と信頼関係を築ける
・動きの早い医療業界で、情勢の変化に柔軟に対応できる
・人に笑顔で接し、好感が持てる
・チームとしての院内業務を理解し、コミュニケーション能力がある
・医療機関の社会的役割を理解し、責任ある行動を取れる
・社会の一般知識、常識をもっている



▲このページTOPへ戻る