医療事務の就職活動は

医療事務の就職活動は

医療事務の魅力を徹底解剖します

スポンサードリンク

就職活動の進め方を把握しておこう


各種スクールや団体では


ハローワークは


人材登録の活用は


新聞やチラシ広告は


知り合いの紹介は


就職先を選ぶ基準を知っておこう


医療機関の経営状態は


病院の規模は


最低限のマナーは


履歴書の注意点は


面接で気をつけることは


就職活動の進め方を把握しておこう

就職活動とは、求人情報を集めて、検討することからスタートします。その内容をどのような基準で判断するかは前に述べたように人それぞれではありますが、一般的な求人情報は次のポイントです。医療事務の資格
● 給与/月給や時給で表記され、税込み金額であって実際の手取額ではないことを知っておきましょう。
● 応募資格/年齢、必要とされる資格や経験が表示されます。実務経験者希望、といった表示がされることが多いのが医療事務です。求められるレベルは医療機関によって違うため、事前に電話確認をするのも良いでしょう。
● 社会保険/通常は、雇用・労災・健康保険・厚生年金の4つに加入していれば「社会保険完備」と表示されています。「労働保険有り」となっていれば、雇用・労災保険のみ加入、という意味です。
● その他にも業務内容や、勤務時間や休日、派遣社員やパートの場合には交通費の有無も確認が必須です。



▲このページTOPへ戻る



各種スクールや団体では

医療事務の資格 医療事務の講座を主催している各種スクールや団体では、全国各地の医療機関と業務提携を行っているため、独自の就職ルートを持っていることが多くあります。ですので、これらのルートを講座修了者に提供してくれるシステムを持っているところがほとんど。これをフル活用しない手はありません。主催団体、という紹介者を介しているため、安心感も抜群です。

▲このページTOPへ戻る



ハローワークは

日本商工会議所が通商産業省から委託されて行った調査によると、医療事務の人材調達経路はハローワークで、というパターンが圧倒的にトップです。場合によっては再就職の準備金を交付してもらえたり、ハローワークならではという特典があるので、求職者にとって魅力的な媒体ですから、こちらもチェックしてみましょう。

▲このページTOPへ戻る



人材登録の活用は

就職の選択肢は多いほうが良いでしょう。どんな情報でも、網羅しておくほうがよりよい就職先に出会う可能性は高くなります。特に正社員、準社員、派遣社員というスタイルでの勤務を希望しているのであれば、慎重に就職先を探さなくてはなりません。人材登録を活用するのも良いでしょう。ひとつではなく、いくつかの機関に登録しておくのもひとつの方法です。正社員希望であったとしても、紹介予定派遣の口が見つかったりすることもあるため、自力で探すよりも効率が良い場合もあります。 こういった紹介業に関しては、最近では登録無料、紹介料無料が基本です。登録後に面接をして、就職コンサルティングをしてくれる場合、スキルチェックをしてくれることもありますが、そういったものが全くない会社もありますから、注意しましょう。

▲このページTOPへ戻る



新聞やチラシ広告は

パートであれば、新聞の求人広告、チラシ広告がよい手段といえます。パート勤務の場合は、自分が住んでいる地域で探したい、というケースがほとんどですから、地元に密着した媒体を使って探すのが早いでしょう。もちろん、インターネットや、書店で販売されている求人情報誌も、利用価値大です。 いずれにしてもどんな媒体を利用する場合も迅速なアプローチが鍵です。自分に合った条件のところが見つかったら、素早く対応するように心がけておきましょう。

▲このページTOPへ戻る



知り合いの紹介は

意外かもしれませんが、知人の紹介、友人の紹介、というのも意外と多い就職方法です。看護師の知り合いから紹介してもらった、などという場合、身元が確かなだけにゼロから探すよりも安心感がある、というのがその理由でしょう。もちろん、紹介を受けたからといって即採用、ということではなく、そこから面談、採用、という手順をたどるのがほとんどです。

▲このページTOPへ戻る



就職先を選ぶ基準を知っておこう

希望条件は、ひとそれぞれ。給与の高さを最優先に考える人もいれば、残業の有無や休日を重視したい人、待遇面を気にする人、職場の雰囲気や就職先の経営理念も大きな意味を持つ事項もあります。自分の希望は何なのか、どんな方法で就職先を探すにしても、明確にしておく必要があるでしょう。

▲このページTOPへ戻る



医療機関の経営状態は

医療事務の資格 一昔前とは違って、どこの医療機関でも経営状態が良いは限りません。その内実を調べてみることも必要です。 1日の平均患者数など基礎的なデータは公開されているので、厚生労働省発表の平均データと比較してみても良いでしょう。 規模や設備の立派さだけにとらわれていては、経営状態を知ることにはならないことをしっかり認識しておきましょう。

▲このページTOPへ戻る



病院の規模は

大病院か、小規模病院または診療所か、その選択も重要です。どちらも一長一短特徴があるため、専門性を求めたいのか、広く業務に関わりたいのか、そういった観点から希望を絞り込むことも大切です。 また、待遇面が多少そぐわなくても妥協はできるけれど、職場の人間関係は妥協できない、という人も少なくありません。 医療機関であれば、同僚や他職種のスタッフとの人間関係だけでなく、患者さんとの関係も知っておきたいものです。一度現場に足を運んでその医療機関の職員や患者さん、全体の雰囲気を掴んでおくことも必須です。

▲このページTOPへ戻る



最低限のマナーは

応募の際には、なんらかのタイミングで応募先に電話をかけることがほとんどです。応募がないかどうかを確認するために、病院に直接問合せをする、といったことも必要です。ただ、その場合、電話をかける際の最低限のマナーは押さえておきましょう。電話のかけ方ひとつで印象が決まり、社会常識を問われることも多いのです。
そして、医療事務の現場に電話をかける場合、
1:レセプト業務で多忙な月末、月初期間は避けること、始業終業間際は避けること、
2:できるだけ静かな場所からかけること、
3:携帯電話からかける場合、途中で通話が切れないようにすること、
4:要件が済んだら相手が電話を切ったことを確認してから切るようにすること 
などを注意しましょう。



▲このページTOPへ戻る



履歴書の注意点は

履歴書に関しても、内容よりも書き方に個性が表れることがあります。好印象を与えるためにも、誤字脱字がないようにすること、修正液などは使わないこと、顔写真にスナップ写真は使用しないこと、印鑑が必要であればきれいに押すこと、提出前にコピーをとっておくことなど、常識とも言えることではありますが、注意しましょう。その上で自分らしさを工夫してみましょう。履歴書を送付する際には、宛名の書き方にも気をつけましょう。敬称の使い過ぎに注意し、「履歴書在中」と赤字で添えることも忘れずに。

▲このページTOPへ戻る



面接で気をつけることは

医療事務の資格 最終的な結論に直結するのが「面接」です。これを避けて通ることはできません。たとえ筆記試験がないところでも面接だけは必ず行われます。慣れない、緊張する、などは大多数の人が言うことです。あなただけではありません。その際の最大ポイントは「いかに誠意の伝わる話し方をするか」。これに尽きます。特に医療事務スタッフは、人当たりの良さや言葉遣い、清潔感などが求められるものです。相手の話を真剣に聞く態度、さわやかな笑顔は最大の武器になると言えましょう。

▲このページTOPへ戻る