現役医療事務員の声

現役医療事務員の声

医療事務の魅力を徹底解剖します

スポンサードリンク

ある意味、接客業よ


医療事務の経験者は無敵って?


病院経営の合理化って


医療事務の奥深さ


医療事務って、おかたい?


ある意味、接客業よ

医療事務の資格 医療事務ですから、事務職においては 専門知識を必要とする仕事を任されますので、責任感が求められますね。 自分を磨けば、主任→係長→課長と出世できますし、 医師や薬剤師、専門技師たちの輪に入って 同じ土俵で仕事ができるんですから凄い事ですよね。 当然、仕事は忙しいですが医療の世界は制度なんかがころころ変わるし、 どんどん進化もしますから、常に勉強です。 自分を磨くことが出来るので、大変だけれどとてもやりがいを感じています。 また、いろんな患者さんと接しますので、 都度判断しながらのトーク、対応力が必要だと実感しています。 これってまさに接客業だと言えますよね。 私は持ち前の行動力で乗り切ってます!

▲このページTOPへ戻る



医療事務の経験者は無敵って?

医療事務の資格 医療事務の仕事ってとても広範囲なんです。 窓口受付や診療報酬請求業務(レセプト作成)は病院内の各部署との 連係プレーです。 また、患者さんと接しますから、ある程度の医療知識は必要になってきます。 仕事の幅広さや各部署との密接な関係は、いわゆる人事や総務の仕事とは比べ物になりません。 医療事務職は、病院経営のしくみ、各部署の業務内容、各科の診療内容、患者さんに対する方法 などを理解し、何でもこなせるスペシャリストになれるのですから、 とても凄いことなんです。経験がそのままスキルに繋がりますね。

▲このページTOPへ戻る



病院経営の合理化って

特に最近は、病院経営の合理化だとよく言われていますね。医療事務の業務自体をアウトソーシングすることも増えていて、医療事務代行業者といったものもあるんです。彼らは現場に出向して医療事務業務を行うだけではなく、インストラクターを派遣するなどの特殊な業務内容を受け持つ場合もあります。また、医療事務と言えばレセプト業務ですよね。レセプトは、医療機関より審査支払い機関を経て保険者に提出される時に過誤請求が起きやすいのですが、知り合いの病院ではその点検業務を行うだけという専門の医療事務員を配置している所もあるそうですよ。トータルで業務効率を上げる取り組みをされていますね。

▲このページTOPへ戻る



医療事務の奥深さ

医療事務といえば、レセプト業務といっても過言ではないですよね。それくらい特殊な事務業務なんでしょう。ですから、これから医療事務員になろうという方にまず必要とされるのは、レセプト業務に必要な知識や技能だと思います。具体的に言うと、診療報酬の算定に関する知識、カルテを読む際に必要な基礎的な医学、医療や各種保険関連法規に関する知識なんかが重要でしょう。ただ、これらだけに精通していればよいわけではないのが医療事務の奥深いところなんじゃないでしょうか。医療事務って患者さんに対するサービス業務も大事な業務ですから、最低限の医療機関に関する知識プラス、人に接するマナーは基本です。 また、人命に関わる現場にいるわけですから、たとえ医療行為に携わることはなくたって、いい加減な人では困りますよ。特に最近言われるのが、個人情報管理についてですね。プライベートな情報に接することが多いわけですから、守秘義務についてよく理解しておいて下さいね。

▲このページTOPへ戻る



医療事務って、おかたい?

医療事務って、なぜかお役所仕事的な地味で固いイメージを持つ方もいるようですが、全然違うと思います。もっと積極的に関連部署を飛び回っていますよ。医療事務と言えば、 「受付」「会計」「レセプト業務」などがよく知られていますが、それは医療機関における医療事務の流れの一部でしかありません。関連部署とうまく連携することで、はじめて日々の業務が間違いなく迅速に行われていく事を実感しています。一つのミスは患者さんに対してはもちろん、その医療機関の評判に大きく影響しますから。逆に言えば、受付業務で手際良い仕事ができていれば、患者さんのサービスに対する印象は大きく向上するはずです。医療事務って、その医療機関の信頼感を作っている重要な役割なんですよね。

▲このページTOPへ戻る