医療事務の待遇(派遣社員編)

医療事務の待遇(派遣社員編)

医療事務の魅力を徹底解剖します

スポンサードリンク

医療事務業界の委託率は


休日条件は


年齢や経験は


年齢や経験は


スキルアップは


保健や交通費は


派遣期間は


派遣社員の勤怠は


派遣社員は即戦力


紹介予定派遣という制度は


医療事務業界の委託率は

医療事務の資格 医療事務業界において、その委託率はとても高く、1991年の23.1%から2000年には39.0%へと飛躍的にのびています。まだまだ発展途上ではありますが、今後もさらにのびていくでしょう。 特に、歯科医院には派遣社員の求人がかなりの件数ありますし、規模の大きい総合病院においても多数あります。反対に調剤薬局では少ない傾向があります。 その給与体系は時給で、その水準は各人のスキルや経験によって左右されます。相場としては、1000円~1300円といった設定が多いようです。 派遣先は、病院や薬局だけではありません。企業内の健康増進センターや医薬品開発会社、在宅センターというように、多種多様な職場が展開します。企業内健康増進センターや医療関連企業での時給は若干高めで1500円以上のところが平均的ですから、視野を広くして就職先の選択をしてみるのも良いでしょう。 また勤務体系の特徴として勤務時間があげられます。7時間未満の短時間勤務の募集が他の職種に比べて多いという点が特徴的です。 基本的な所は正社員と同じですが、勤務時間選択の自由度の高さは、自分のライフスタイルを優先したい人にとっては魅力的なものであると言えます。例えば、医療事務従事者ならではの「レセプト期間限定」という就業スタイルも存在しています。時給は800円~900円という相場で若干低めではありますが、毎月7~10日だけレセプトのチェックのみを仕事とする、という内容です。

▲このページTOPへ戻る



休日条件は

休日に関しては正社員同様、必ずしも週休2日制というわけにはいかないこともありますし、残業も発生する可能性は高いでしょう。もちろん、それらの際には時給が割増になっていることもありますが、それを踏まえた上での残業なのか、それともほんの数分程度のことで済むものなのか、確認をする必要があります。どちらにしてもそれらを曖昧にせず、派遣会社を通して確認をするようにしましょう。

▲このページTOPへ戻る



年齢や経験は

派遣社員というのはもともと年齢制限がなくても相応のスキルが求められる就業スタイルです。元々年齢よりもスキルが重要視される医療事務の仕事では、なおのことその傾向が強まります。即戦力になれるのかどうか、これが派遣で医療事務の仕事をする上での重要ポイントとなります。もちろん、長く派遣社員として働くためには、技術面だけではなくヒューマンスキルも磨くことが大切です。 派遣社員である以上、与えられた業務を処理するスキルを備えた専門家として雇われることになります。ですから、正社員よりも実務経験者が優位になります。この傾向は特にレセプト業務において顕著です。 受付会計やオペレータ的な作業など、限定範囲内での業務の場合であれば、さほど医療事務の知識は問われないので、未経験者でもOKという場合があります が、ニーズが一番高いレセプト業務は、未経験者にとって不利であることが多いでしょう。

▲このページTOPへ戻る



年齢や経験は

派遣社員というのはもともと年齢制限がなくても相応のスキルが求められる就業スタイルです。元々年齢よりもスキルが重要視される医療事務の仕事では、なおのことその傾向が強まります。即戦力になれるのかどうか、これが派遣で医療事務の仕事をする上での重要ポイントとなります。もちろん、長く派遣社員として働くためには、技術面だけではなくヒューマンスキルも磨くことが大切です。 派遣社員である以上、与えられた業務を処理するスキルを備えた専門家として雇われることになります。ですから、正社員よりも実務経験者が優位になります。この傾向は特にレセプト業務において顕著です。 受付会計やオペレータ的な作業など、限定範囲内での業務の場合であれば、さほど医療事務の知識は問われないので、未経験者でもOKという場合があります が、ニーズが一番高いレセプト業務は、未経験者にとって不利であることが多いでしょう。

▲このページTOPへ戻る



スキルアップは

医療事務で長く働きたいと思う場合は、スキルアップにもつながり、優れた自己PRにもつながる資格取得を目指すのも良い方法です。資格取得者と実務経験者を同格としてみてくれるケースも多くなりつつあるからです。もちろん、パソコン操作に関しては問題ないレベルにしておくことは必須です。 派遣会社の方で、登録スタッフのレベルアップのための様々な研修メニューを用意している場合はぜひ利用したいものです。こういう機会は正社員よりもむしろ派遣社員のほうが恵まれている場合も有ります。

▲このページTOPへ戻る



保健や交通費は

派遣社員の場合でも、フルタイム勤務であれば、正社員同様、雇用・労災・健康保険・厚生年金の社会労働保険に加入することが可能です。派遣会社で加入することになるのですが、勤務時間や日数、派遣期間などの諸条件によって違いますから、契約の際に確認してみましょう。 派遣社員の給与は時給制が多く、「時給×1日の労働時間×1ケ月の勤務日数」が1ケ月分の給与となります。交通費に関しては支給されないことも多いため、事前確認が重要です。それによって実質的な手取りの給与額が大きく変わりますから気をつけましょう。

▲このページTOPへ戻る



派遣期間は

派遣社員はいろんな職場を経験することできることが大きな魅力でもある反面、法律によって勤務期間が制限されているものもありますので注意が必要です。例えば、営業や販売などの職業であれば最長1年間、と決められています。ただ、専門性が高いとされる26職種に該当しているため、例外的に医療事務の場合は3年間は同じ職場に継続して勤務が可能、とされています。

▲このページTOPへ戻る



派遣社員の勤怠は

派遣社員は残業が少なく、勤務時間分、みっちりとお給料がもらえる、というメリットはありますが、日給月給制は、祝日が多い月や、やむを得ず欠勤した場合など、月の手取りは当然減ってしまうこと、この月単位の給与変動について事前に考慮しておく必要があります。 もちろん、有給休暇が発生したりすることもあります。雇い入れ日から6ケ月間継続勤務して全労働の日の8割以上出勤した場合、がこれにあたります。派遣社員であっても、このケースでは10日以上の年次有給休暇が与えられるのです。 ただ、いくら自分が派遣社員だからといって、ほかの職員の都合も無視して勝手に有給を消化するのは適切ではありませんから、派遣先の状況を把握しつつ、業務に支障がないように上手にスケジュール調整をしましょう。

▲このページTOPへ戻る



派遣社員は即戦力

派遣社員とは、即戦力であり、専門性を期待される存在であること、これを忘れてはいけません。その期待は想像以上のものがあるのです。派遣社員1人に対して、実際に派遣社員が受け取る賃金の1.4倍程度を医療機関側は派遣会社に支払っているのです。だからこそ質の高さが求められるのです。 派遣に登録する人の理由として職場の人間関係に疲れたり、それに悩むのが嫌なので、という事柄を挙げる人がいますが、どんな場合でも、業務をスムーズに行うために職場で良好な人間関係を築く努力をすることは大切です。厚生労働省の調査によると、派遣動労者の職業上の不満としてトップにあがるのは「精神的なストレスが強い」というものであり、これはむしろ正社員やパートよりもダントツです。

▲このページTOPへ戻る



紹介予定派遣という制度は

正社員になりたい人が、それを希望しながら派遣で働くという方法もあります。これは、安定性という面からも不安定な要素が残る派遣社員が、よい職場であれば正社員登用を望むのは言うなれば当然のことと言えます。 雇い入れ側としても、よい人材であればぜひ正社員として迎えたいと考える場合もあります。 「紹介予定派遣」という制度は、その双方が望めば、正社員登用への道がありますよ、というシステムです。

▲このページTOPへ戻る