医療事務の待遇(パート編)

医療事務の待遇(パート編)

医療事務の魅力を徹底解剖します

スポンサードリンク

医療機関でもパートの募集ってあるの?


パートのメリットは


パートの求人は


医療機関でもパートの募集ってあるの?

医療事務の資格 実は医療機関においてパートのニーズは高くなりつつあるのです。特に小規模診療所や、歯科医院では午前と午後の診療の間に時間が1時間以上空く場合も多く、短時間勤務のパートは重用されています。 専門性を求められる医療事務の仕事であっても、時給は地域の一般的事務と同じ程度で相場は800円と、派遣等に比べて若干低めです。経験によって850~1200円くらいの幅がある場合もあります。 賃金が低めで短時間労働だからといって、職務に差があるわけではなく、同じように専門性が求められ、さらに雑務的な仕事も任されることも多いようです。

▲このページTOPへ戻る



パートのメリットは

最大の特徴は短時間勤務が可能であることです。1日3~4時間程度の求人が平均的で、もちろんフルタイムに近い勤務時間のところもあり、若干の時間の希望には沿ってくれる場合もあります。 勤務日数についても、正社員同様の場合もあれば、働く人の都合に合わせて週に3~4日、という選択も可能です。 また正社員や契約社員同様、ある程度の経験やスキルを求められるため、年齢制限の上限が高めなのが特徴で、45歳という上限が多いようです。実務経験者であれば、さらに採用は有利になりますが、他の勤務体系同様、最近では資格取得者限定や、優遇、資格取得者と実務経験者を同格としてみなしている場合も多く見られます。 正社員の補助的な作業のみに限られていたとしてもやはり、レセプト業務に欠かせないコンピュータ作業ですので、パソコンの入力程度の知識と技術は身につけておきましょう。

▲このページTOPへ戻る



パートの求人は

パートの求人については、地域密着型の折り込み求人紙が最も多い手段ですが、レセプトのみの求人などは、市町村役場の保険年金課において、毎月のレセプト審査時に臨時の職員募集がかかることもありますので、チェックするのも良いでしょう。賃金に関しては相場を大きく外れることはないですが、条件的には遜色ないものがほとんどです。

▲このページTOPへ戻る