医療事務の職場(大病院編)

医療事務の職場(大病院編)

医療事務の魅力を徹底解剖します

スポンサードリンク

外来受付


医事課


カルテ室


医療情報管理室


入院受付


ナースステーション


医局


検査受付


フィルム室


中央材料室


外来受付

医療事務の資格 初診患者の訪れる「初診受付」と再来患者専用の「再来受付」(最近では機械受付の場合もあり)、これらは病院全体のイメージに即つながるポジションであるため、患者さんに対する笑顔や丁寧な対応が要求されます。 最も混雑する場所が「会計窓口」です。医療費清算のために診察が終わった患者さんが立ち寄る場所です。早く済ませて帰りたい患者さんがほとんど、というここでは、大勢の人を相手にいかに正確、迅速に処理をするか、が求められます。大病院では「総合案内」という場所が設けられていることもあります。ここは、院内の道案内だけではなく、患者さんから「自分がどこを受診すれば良いか」について症状を説明された時に相談に乗ったり、診断書等の文書作成の依頼を受けたりする場合もあります。

▲このページTOPへ戻る



医事課

この医事課こそが医療事務が主役となる病院の中枢機能ともいえる場所です。 外来受付に隣接し、外来患者に関するあらゆることが処理されます。初診患者の診察券の発行や、患者情報の入力、カルテの作成、診察修了後の医療費の算定にいたるまで、受付から会計の橋渡し役を担います。 外来患者に対する医療費の算定は、患者の自己負担分を差し引いた残りである保健診療分の医療費を1ケ月分、毎月10日に間に合うようにレセプトという形態に仕上げる作業です。これは医療事務にとって最たる繁忙期でもあります。

▲このページTOPへ戻る



カルテ室

カルテの管理を「カルテ室」で医事課が一括管理を行う病院もあります。膨大な量の、そして病院の財産でもあるカルテを使いやすいように整理すること、内容の更新や紛失の防止など、あらゆる管理業務を行うことも医療事務の分野となります。大病院では、外来患者カルテを診察室へ搬送することを専門とする「メッセンジャー」というスタッフを配属して、スムーズにカルテの流れを確保しているところもあります。

▲このページTOPへ戻る



医療情報管理室

統計などの各種資料を作成する際の基本データはカルテ中心となるため、 カルテ室や医事課に隣接している事が多いのが「医療情報管理室」です。診療情報管理士、など専門知識を有するスタッフが主役となる場所でもあります。

▲このページTOPへ戻る



入院受付

入院病棟に近いところに設置されるのが「入院受付」です。外来受付が外来患者に関する全てを扱うとしたら、こちらは入院患者に関する全てを扱います。入院患者への面会者に病室を案内し、退院時の医療費精算や入院待機中患者への連絡などがその業務内容となります。医師や看護師との連携も重要です。

▲このページTOPへ戻る



ナースステーション

看護師の詰め所が「ナースステーション」です。多忙を極める彼女たちの事務的サポートを受け持つのが「病棟クラーク」です。カルテ整理、ナースコールや電話の対応、用度品の管理や発注など、あらゆる面から入院病棟全体をサポートし、医師や看護師、患者の橋渡し役として大きな役割を担います。

▲このページTOPへ戻る



医局

病院に勤務する医師の詰め所が「医局」です。ここでは「医療秘書業務」が主となります。電話の対応やお茶汲み、コピー取りやその日のスケジュール確認など、秘書のスキルが生かされる場所となります。

▲このページTOPへ戻る



検査受付

大病院では様々な検査設備があり「自分がどこへ行けばその検査が受けられるのか」迷う患者さんも少なくないため、そういった人がスムーズにその場所へ行けるように、検査室に隣接した受付窓口を設置して、案内スタッフを配置することがあります。これも医療事務の仕事です。

▲このページTOPへ戻る



フィルム室

X線検査を行うのは診療放射線技師の役割ですが、撮影されたレントゲンフィルムの管理を行うのも医療事務の仕事です。患者の診察時に、カルテに添付することもあり、保管には細心の注意が要求されます。

▲このページTOPへ戻る



中央材料室

中央材料室は、医薬品や診療材料などの購買管理を院内で一括しているような大病院に設置されていることが多いようです。検品の済んだ購入物品の在庫管理も医療事務の仕事のひとつです。

▲このページTOPへ戻る